Works

Works

導入実績

    システム・教材制作

大阪ガス株式会社

eラーニングシステムの運用負担の軽減

背景

大阪ガス株式会社様では、2000年に社内及びサービスチェーン向け教育のツールとしてeラーニングシステムを導入し、約200講座の運営を行ってきたが、2008年のサーバリプレイス及びシステムサポート期間満了にともない、eラーニングシステムの運用を見直すことにした。

概要

eラーニングシステム運用の変更点は、以下の通りです。

従 来 新 規
運用方式 自社サーバにて運用 ASPサービスを利用
eラーニングシステム 大手ベンダーパッケージシステム KBI「Learning Tracker」
※カスタマイズあり
運用ルール システム管理者に権限・業務集中 データメンテナンスの自動化
成績管理は各所属・講座管理者が実施
システム選定の際に重要視したポイント
  • 汎用型システムであり、かつカスタマイズ可能なこと
  • 既存のコンテンツの載せ替えが容易なこと
  • 自社の他システムとの連携が可能なこと
  • システム管理者の業務負荷を軽減する機能を持っていること

効果

運用方式変更による効果
  • ハードメンテナンスのアウトソーシング化による管理者の負荷軽減
  • ASPサービス利用による年次費用の平準化連携
運用ルール変更による効果
  • システム管理者の業務負荷軽減
システム変更による効果
  • ユーザ認証システムとのシングルサインオンの実現
  • 資格・受講管理システムとの受講・成績データ連携
  • 社員・組織マスターとのデータ連携による自動データメンテナンス